2011年07月23日

またまた不妊治療について

ここ数日、涼しいを通り越して、寒いくらいでした。
昨日なんて、あまりに寒くて夜はお鍋にしようかと思ったくらい。
なんとか思いとどまりましたが…
ハクサイとネギとキノコがあったら間違いなくお鍋になってたはず。
幸か不幸か、夏野菜しか冷蔵庫に入っていなかったんですね。
やれやれ。

またまた不妊治療の話です。
今回、治療の思い出話の漫画を描いたことで、忘れていたいろんな痛みを思い出しました。
治療も検査もとにかく痛かったけど(個人差があって痛くない人は痛くないそうです、念のため)、一番痛かったのはやはり心の痛みだったような気がします。
人から心ない言葉をかけられて傷つく痛みと、自分自身で傷つけてしまう痛み。

同じ子どもがいない人生でも、作らないっていうのと、できないっていうのは大きく違うんですよね。
子どもを産むことができない女の存在価値ってなんだろう? とか、そんなことまで考えてしまう。
子どもがいない人生云々より、まず、作ることができない自分に傷つくんです。
もう理屈じゃなく。
子どものいない人生だってあることはわかっている。
子どもがいることが幸せ、いないことは不幸せだなんてもちろん思ってない。
でも。
でも。
それが本能だ、なんて乱暴なことは言わないけれど、命を繋げたいって自然に願うのは不思議なことではないと思うんです。


今回本を出して、いろいろ感想をいただき、また久しぶりに心に痛みを覚えました。
「こんな大変な思いしてまで子どもが欲しかったんだね」
「私だったらこんなツライ治療してまで欲しくないな」
「何でそこまで自分の子どもにこだわるの? 養子じゃだめなの?」
そんな言葉に。

悪気があって言ってるんじゃないことはわかってるんです。
経験のない人たちの、素直な感想なんだと思います。
だからこそ、寂しいな、と。

できない自分に傷ついて。
子どもがいないことを人からいろいろ言われて傷ついて。
必死で治療してることを揶揄されて傷ついて。
…当事者以外にはなかなか理解できないものなんだろうと思いつつ、その溝は大きいと思ってしまいました。

不妊だけじゃなく、たくさんの人たちが、あちこちで、いろんな問題で、コッソリ(でも深く)傷ついているんでしょう。
私もおそらく別のどこかでは、気がつかないうちに不用意な言葉で人を傷つけているんだと思います。
だからこそ、もっと話さなくては、と思うんです。
人の気持ちに寄り添うには、知ること、そして想像することから始めるしかないんでしょうから。




ちなみに、養子はそう簡単にはもらえません。
審査がとても厳しくて、親の年齢や仕事の内容、収入、持ち家かどうか、生活形態、等々いろんなチェックがあって、漫画家風情なんかではどう頑張っても無理なんです。
それも変ですよね。
baby.png

posted by かよ at 02:55| Comment(11) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
ウチの奥さんが読んで泣いてました。
僕も泣きました。

決してお二人に同情とかではなく、自分勝手な読み方ですが単純に自分達に重ねてしまいました。
ウチもなかなか出来なかったので。。
治療はしてませんが9年目でようやくです。

僕らも色んな人の言葉に傷つきました。
ようやく産まれたと思った今「一人っ子じゃ可哀想だからもう一人産まないとダメよ」という言葉に傷つけられています。。

「オイオマエ、ドンナオモイデココマデキタトオモッテルンダ」という感じです。。

そういう人達は確かに悪気は無いんでしょうが、想像力の足りない発言が少なからず誰かを傷つけるという事を少しぐらいは理解して欲しいと心から思います。
Posted by kenken at 2011年07月24日 00:15
うわわ、kenkenちゃん!
コメントありがとうございます! 嬉しいです!

9年でしたか。
長かったですね。
待って待って、やっと授かった、まさしく宝物ですね。
素晴らしい。
本当におめでとうございます!

そっか。
「一人っ子は可哀想」攻撃っていうのもあるらしいですね。
うーん、たとえ悪気はなくても、ほんとに大きなお世話というか、あまりにも無神経な言葉だなぁ。
想像力って、ようは思いやりだと思うんです。
相手を思いやって、相手の身になってあれこれ考えることだから。
とっても大切なことなのにね…

だから。
そんな言葉に負けずに、大切な赤ちゃんを可愛がりまくって、笑っていきましょう。
強くて優しい両親の元で、きっと同じように強く優しく育っていきますから。

本当にありがとうございました。
奥さまにもくれぐれもよろしくお伝えくださいね!
Posted by かよ at 2011年07月24日 02:01
またお邪魔します。

毎日生活している限り、ひとからいろいろな言葉を投げかけられますよね。
治療をやめて10年以上たっても、「子供いなくて毎日なにしてるの?」「60、70代の人だって出産してるってニュースで言ってよ。まだ大丈夫」「淋しくない?年取ってから後悔しない?」とか・・・

あるとき思いました。言われて気になるのは、子供のいないこと」から自分をまだ解き放っていないからなんだろうと。

一気に解き放つのはむずかしいけれど
急がなくていいんだ。
人生はまだまだ長い。気長に行こうと。

>子どもを産むことができない女の存在価値

「子供を生んでこそ一人前」
「あととりを生んでこそ一人前」
「一人っ子はわがままになるから二人は生まないと」

ひとはいろいろ言うものです。
子供の生んでいてもいなくても、存在価値うんぬん言われるもの。

ひとの存在価値ってだれが決めるのでしょう。
100%ひとが決めるのでしょうか。
それとも自分が50%、ひとが50%と半々でしょうか。

「わたしは〜できたから存在価値100%あります」
そういうひとが一番怪しいんじゃないかと思いますね〜

今回も長くなってすみません。
またのぞかせていただきます。


Posted by cfernonnon at 2011年07月25日 09:37
cfernonnon さま!

またも嬉しいコメントありがとうございます!
cfernonnonさんのコメントを拝読していると、体と心のこわばりがほぐれていくような気がします。

そうなんです。
子どもがいないことをちゃんと受け入れて、普段もうまったく気にならないつもりでいるんですが、ふとした瞬間、人との会話の小さなとげに胸が痛くなったりすることがあるんです。
それはやはり、「子供のいないことから自分をまだ解き放っていない」からなんでしょうね。
完璧に解き放つのはなかなか難しいです。
でも、そんなふうに時々揺さぶられ、行きつ戻りつしながらも、少しずつ先に進んでいくのが人生なんだろうな、と。

自分の人生は自分のものですものね。
みんながそれぞれの生をまっとうできれば、それが何よりなんだと思います。

本当にありがとうございます!
よろしかったら、また書き込んでいただけると嬉しいです。
Posted by かよ at 2011年07月27日 03:15
またまたお邪魔します。

「時が癒してくれるわ・・・傷は消えはしない。傷は残って指輪のように体の一部になる。傷があることに慣れてしまう。でも忘れはしない」

わたしの好きな映画の中のセリフなんですが。
「子供のいないこと」=「指輪」=「体の一部」になっていき、今ではほとんど気にならないことになってしまいました。

可愛い赤ちゃんや幼児を見ると
「こういう子がいたらよかったなぁ」と思うこともあるんですが。

そんなときは、「可愛いねぇ!」
「ポヨポヨしててふわふわだねぇ♪」
大きな声を出して言うようにしています。
そうすると不思議と哀しくなったりつらくなったり、そんな気持ちにならないんです。

>時々揺さぶられ、行きつ戻りつしながらも、少しずつ先に進んでいく

それは子供いるいない関係なく
感じることだと思います。
人生山あり谷ありですよね。

毎度長いコメントになり
スミマセン。





Posted by cfernonnon at 2011年07月28日 20:55
cfernonnon さま!

いつも素敵なコメントありがとうございます!
スミマセンだなんてとんでもない。
とても嬉しいです。

傷は残って指輪のように体の一部になる…なるほど。
確かにそんな感じです。
気にはならなくなっても、でも忘れはしないんですよね。
それは厳然とあるわけで。
決してはずれることのない指輪。
いつか、その指輪あっての自分になっていくのかもしれません。

素敵なお話ありがとうございます。
Posted by かよ at 2011年08月01日 14:37
おふたりへ

思いやりあふれる本をありがとうございます
一昨日、書店でなにげなく手に取った
「不妊治療、やめました。」
当事者にそっと寄り添ってくれる
大切な本になりました

もう少し続けるつもりですが
なんか気が楽になりました・・・

P.S.
171ページの「ポロポロ」かよちゃんの顔が
忘れられません

Posted by ふじばぁ at 2011年09月05日 13:46
ふじばぁさま!

こちらこそ、読んでくださって本当にありがとうございます。
なにげなく手にとっていただけた偶然に感謝したいです。

今、治療なさってるんですね。
いろいろ(本当にいろいろ!)大変なことがあるでしょうが、どうぞ上手く乗り越えていってください。
できれば、気楽に、楽しんで。
辛いことも多いでしょうが、いつか必ず、ああ、よかった、と思える日が来ますから。
なによりお身体にお気をつけくださいね。
治療がうまくいきますように。
ご成功、心からお祈りしています。
Posted by かよ at 2011年09月06日 17:37
ヤフーコミックで、読みました。

まだ独身の自分には、
なかなか、子供のことは考えることがないのですが、

読んでいて、とても感動したところがありました。
病院で、痛くて動けないときに旦那さまが
嫌ないい方をした看護婦さんを叱っていたところです。

素敵なご夫婦だな、とあこがれました。
そういう旦那さんをいつか見つけたいです。

これから寒くなりますので、お体に気をつけてください。
これからも楽しみにしています
Posted by とおりすがり at 2011年09月23日 00:58
とおりすがりさま!

漫画、読んでくださってありがとうございます!
書き込みもしていただき、とっても嬉しいです。

実際うちが素敵な夫婦かどうかはわかりませんが、そういっていただけると素直に嬉しいです(照れ照れ)
ありがとうございます。
とおりすがりさんは、きっともっともっと素敵な旦那様に巡り会われるはず! これから楽しみですね。

体調を崩しやすい季節です。
とおりすがりさんも、どうぞお体にお気をつけくださいね。
よろしければ、また覗いてみてください。
これからもどうぞよろしくお願いいたします!

Posted by かよ at 2011年09月24日 12:37
昨日たまたま婦人科で卵管造影を終えてお腹の痛みを抱えたまま本屋さんに立ち寄り堀田夫妻さんの本を手に取りました。

私はこれから人工受精しましょう。と言われたばかりなのですが、検査をするたびに次々に私に原因があり何度泣いたかわかりません。

漫画を読み進めて、はっとしたことがありました。

私は検査をするのは殆ど女性、旦那は痛い検査が殆ど無いじゃん(泣)とよく思ってました。

旦那はわりとノーテンキといいますか楽観主義なので「俺達の子供が生まれてこないわけない!」という感じなのです。

ですが精液検査などはいつでも協力してくれました。

堀田さんの旦那様と同じようにトイレや採精室で協力してくれました。

だから不妊とか気にしてなさそうだし、と勝手に思ってましたが、男性もいろいろ内心は辛いんだなってあたり前のことですが改めて思いました。

排卵にあわせてタイミングとったり、湯船にあまり浸からないで!などよく私が旦那に言ってる言葉も漫画に登場して、その時の旦那さんの気持ちを想像できました。

文才がないのでまとまらなくてすみません。

私たちはまだどのくらいで諦めるかは決めていないのですが、今の私が手に取る運命だったと思える本でした。

大切に読ませて頂きました。
Posted by みっつ at 2012年04月19日 09:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/46905749
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
リンク集