2010年04月28日

深くて暗い川の話(たぶん)

kayo-nikki0021.jpgご無沙汰しております。
って、そんなご挨拶ばっかりですみません。

2週間ほど前。
朝起きたら背中が異常に痛かったんです。
寝違えたのかなと。
首じゃなくて背中を寝違えるってどうよ? なんて自嘲してたんですが。
翌日翌々日になっても痛みはやわらがず、さらに肩〜腕まで痛くなってきまして。
これは寝違えじゃなく、きっとウン十肩だわ、と。
前にもなったことがあったので、だったらゆらゆら揺らしたり軽く動かしていればじきによくなるさ、なんて軽く考えていたんです。
けど痛みは増すばかりで、あまりの痛みに夜も寝られず、かといって起きてると痛くて息もできないくらい。
腕を普通に下げてると痛いので、上にあげてたり(でもそれって疲れるんです)。
徐々に腕に痺れが出てきたあたりで、どうやら違うぞ、と気が付いて近所の整形外科に駆け込みました。
先生曰く、頸椎の椎間板ヘルニアだろうと。
ヘルニアー!
痛いはずだよ。

検査や今後の治療も考えて、一番近くの大学病院を紹介してもらったんですが、そこの担当医が今まで出会った中で一番感じも対応も悪い医師だったので(怒!)、しかたなく、元々のご近所クリニックで治療を始めました。
痛み止めの点滴と電気で刺激する機械、首の牽引の3点セット。
小さな、町の整形外科だけあって、リハビリしてるのは近所のお年寄りばかりなんです。
お年寄り達がみんなで世間話しながらリハビリの機械にかかってる中、私も一緒に混じって、牽引機に首をくくりつけられてウィ〜ンウィ〜ンと伸ばされてたわけです。
なんというか、しみじみしちゃいました。
ああ、私も最早こっち側なんだわ、と。
あっち側とこっち側。
すぐ近くにみえて、その間には深くて暗〜い川があるんですよ。

で、サザエさん。
原作では、波平さんが54歳フネさんが48歳だと最近知りまして。
うちとまったく同じじゃん(企業秘密なのでここだけの話)!
フネさん、同い年かー。
ってことはお隣の伊佐坂先生の奥さんも?
そして来年にはフネさんたちより年上になっちゃうわけね。
ああ、やっぱりしみじみ。
川を渡って来ちゃったんだなー。
って、そんな感慨。

ところで。
どうやらクリニックの治療でさらに悪化させちゃったみたいで、昨日から左腕がほぼ麻痺状態なんです〜。
痛みも酷くて、仕事に集中できない。ツライ。
(それで日記の更新したってわけではないんですけど)

どうなる私?





posted by かよ at 15:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
リンク集